ホワイトニングとは?

ホワイトニング

ホワイトニングとは、歯の組織中に着色してしまった成分を薬剤によって分解して、歯を白くする治療です。
歯科医院で用いる薬剤の主成分には過酸化水素、過酸化尿素が含まれています。
 

ホワイトニングのメカニズム

ホワイトニングのメカニズム

ホワイトニングは歯を漂白する治療なのですが、歯を漂白するというわけではなく、「歯に着色した着色物質」を漂白するので、結果歯が白くなります。
薬剤に含まれる過酸化水素、過酸化尿素の成分が歯に浸透して着色物質を分解してくれます。
 

ホワイトニングで起こる症状


ホワイトニングを行うと歯の脱灰が生じ、刺激が神経に到達しやすくなってしまうことがあります。また、使用する薬剤が象牙質に刺激を加え、知覚過敏が生じることもあり、薬剤の濃度が高くなると症状が出やすくなります。
 

知覚過敏が生じたとき

知覚過敏が生じたとき

知覚過敏が生じるようでしたら、以下の対策を行ってみましょう。
①知覚過敏用の歯磨き粉を使用する。
②使用頻度、使用時間を減らす。
③薬液の濃度を下げる。
ホワイトニングを行う際は、用法用量を守り、使用時間を極端に長くしたりしないようにしましょう。また、症状が治まらないようでしたら、かかりつけの歯科医院にご相談ください。
 

佐藤歯科クリニックのホワイトニング

佐藤歯科クリニックのホワイトニング

佐藤歯科クリニックではオフィスホワイトニング(歯科医院でのホワイトニング)、ホームホワイトニング(お家で行うホワイトニング)、デュアルホワイトニング(2つの併用)の3つの方法で患者様のご希望にお応えいたします。
 

オフィスホワイトニングの特徴

オフィスホワイトニングの特徴

オフィスホワイトニングは歯科医院で濃度の高い薬液を使用できるので、短期間で歯を白くすることが可能です。
しかし、その分後戻り(元の色に戻ってしまう)も早いです。白さを保つには定期的にホワイトニングを行う必要があります。
薬液濃度が高い分、知覚過敏の症状も生じやすいです。
 

ホームホワイトニングの特徴

ホームホワイトニングの特徴

マウスピースの中にホワイトニングジェルを塗布してはめておくことで薬液を歯に浸透させるホワイトニング方法です。
一回2時間くらい、お家で時間のあるときに行えるので手軽に歯を白くすることができ、自分のペースで行えます。
歯が白くなるスピードはゆっくりですが、白さは比較的長持ちします。また着色するようでしたらもう一度ご自身でホワイトニングしていただくことができます。
 

デュアルホワイトニング

デュアルホワイトニング

オフィスホワイトニングとホームホワイトニングを併用する方法です。
歯が白くなるスピードも早く、白さを長く保つことも可能です。
 

ホワイトニング料金表

ホワイトニング料金表

 

三種類の比較表

三種類の比較表

三種類のホワイトニング方法を時間と白くなる度合いで表しています。
 

ホワイトニングができない方

ホワイトニングができない方

ホワイトニングはすべての人に問題なく行っていただけるわけではありません。
・妊娠・授乳中の方
・小児
・無カタラーゼ症の方
・テトラサイクリン歯の変色歯
・歯の神経が死んでいる変色歯
これらの方々はホワイトニングを行うことができない、または効果が見られません。
 

医療費控除のお知らせ


年間で高額な医療費をお支払いになった場合、「医療費控除」というものが国から受けることができます。
歯科ではセラミック治療やインプラントなど保険適応外診療を受けることで治療費が高くなってしまうことがありますが、医療費控除を受けることでご自身の支払っている、もしくはご家族が支払っている所得税から還付金を受けることが可能なのです。
医療費控除について詳しく見る
 

ホワイトニングのまとめ

ホワイトニングのまとめ

ホワイトニングは歯を削る必要なく白く綺麗で清潔感のある笑顔のサポートをしてくれる治療です。
人は見た目が9割ということも言われていますが、白く清潔な笑顔は確実に相手の印象に良く映ります。
おしゃれや流行ではなく、自分磨きをしてみてはいかがでしょうか。