親知らずって何?

親知らずって

親知らずとは、10代後半から、20代前半の間にはえてくる歯で、第三大臼歯、智歯とも言います。親が仕上げ磨きをする頃を過ぎてからはえてくることから、そう言われているようです。
前歯から数えると8番目の歯で一番奥にはえてきます。上下左右の一番奥に4本はえてくるものですが、中には3本しかない、1本もない方もいらっしゃいます。
現代の日本人は顎の大きさが小さくなってきていることもあり、レントゲン上では親知らずの存在が見られても、歯肉の奥に隠れてはえてこないこともあります。
 

親知らずは抜いた方がいい?

親知らずは抜いた方がいい?

通常、歯磨きのしやすい位置とは、前歯の方が歯ブラシを当てやすく、しにくい位置となれば、奥歯は汚れを取りきることが難しいものです。
つまり、親知らずの位置は汚れが溜まりやすく歯ブラシを当てにくい位置にあるということです。
皆さんも、親知らずを抜いた、もしくは抜かないといけないという話は周りの方からも聞いたことがあるかもしれません。一言で「親知らず」と言っても抜いた方がいいものと、抜かなくてもいいものとに分かれます。
 

1.虫歯になってない

虫歯になってない

親知らずは前記したように、とても汚れの溜まりやすい位置にあります。
つまり、親知らずは「虫歯になりやすい」と言えます。
親知らずが虫歯になるということは、その場所に汚れが付着したままになるので、親知らずの手前の歯も虫歯になりやすい環境になってしまいます。
そのような環境を改善し、手前の歯を虫歯にしないためにも、虫歯になった親知らずは抜いたほうが得策なことが多いです。
 

2.しっかり清潔に保てている

しっかり清潔に保てている

前記したように、親知らずの周りには汚れが溜まりやすいです。頬の粘膜の陰になっていたり、歯がはえる方向が真っ直ぐでなかったりすると、細かく汚れが溜まっていきます。
そうすると、虫歯にもなりますが歯周病の原因にもなります。親知らずに限局した歯周病のことを「智歯周囲炎」と言います。つまり、”親知らずの周りの歯肉が腫れた”という状態です。
腫れたという症状は繰り返すため、少し良くなってもまた腫れるということはよくあります。なぜなら、汚れが取りきれていないからです。
このような場合は、自身での歯磨きのケアが限界になっている状態ですから、親知らずは抜いた方がいいでしょう。
 

3.上下の親知らずが噛み合っている

上下の親知らずが噛み合っている

親知らずのはえる方向は様々で、真っ直ぐにはえてくることもあれば、真横にはえようとして手前の歯にぶつかってしまっていたり、骨の中に埋まったままになっていたりします。
上下ともに真っ直ぐにはえていて、しっかり噛み合わせが出来上がっている場合、親知らずは抜く必要がありません。
しかし、噛み合っていても虫歯になっていたり、歯肉が腫れているならば抜いた方がいいでしょう。
 

親知らずを抜かなくていい条件

親知らずを抜かなくていい条件

親知らずを抜かなくていい条件は
1.虫歯になっていない
2.しっかり清潔に保てている
3.上下の親知らずがかみ合っている
この3つの条件が満たされている時には親知らずを抜かずに保存していきましょう!ということになります。
 

親知らずを抜かなくていい条件【番外編】

親知らずを抜かなくていい条件

例えば、親知らず以外の奥歯で歯を抜かなくてはいけなくなった時、親知らずが活躍することがあります。
それは、親知らずの移植です。
親知らず以外の奥歯で歯を抜かなくてはいけなくなったところに、親知らずを抜いて移植する方法を今後行う可能性があるのであれば親知らずは残しておいた方がいいです。
しかし、親知らずを移植できる条件というのも揃っていないといけませんので、しっかりとした診査診断が必要不可欠になります。
親知らずの移植について詳しく見る
 

親知らずが起こすトラブル

親知らずが起こすトラブル

時に親知らずは大きなトラブルの元になることがあります。
トラブルとは「歯肉の腫れ」「大きな虫歯で痛みが強い」「歯肉や頬を噛むようになる」「親知らずが手前の歯を押すことで歯並びが動いてきてしまう」というようなものです。このようなトラブルが起こってきた時には、親知らずは抜歯した方がいいでしょう。
年齢としては大体20歳前後にトラブルが起きることが多いです。
つまり、親知らずがはえてくる頃が一番トラブルが起きやすいと言えます。
親知らずの応急処置を詳しく見る
 

親知らずの抜歯

親知らずの抜歯

では、親知らずを抜歯する際にどのような来院手順で行われるのかをご説明します。
 

1.来院初日

来院初日

親知らずのトラブルを抱えて来院された時、状態によってその日に抜歯出来るかどうかをしっかり診査する必要があります。腫れが大きい場合、麻酔が効きにくいなどの理由から、後日改めて抜歯を行った方がいいことがあります。

  • レントゲン撮影
  • 親知らずの周りのクリーニング
  • 抗生物質軟膏の塗布
  • 鎮痛薬、抗生物質の投薬

来院初日は歯科的応急処置を行うことが多いです。レントゲンから得られる情報もしっかりと分析する必要があります。抗生物質の効果が得られれば親知らずの腫れは次第に引いてきます。次回、抜歯の予約をして帰宅しましょう。
 

2.親知らず抜歯

親知らず抜歯

来院初日から一週間程度経過すると、腫れも引いてきて抜歯可能な状態になります。
当日は、風邪をひいてしまったり体調がすぐれない場合、抜歯は後日に変更したほうがいいでしょう。
抜歯を行った当日は守らなくてはいけない注意事項がありますので、しっかり守って安静に過ごすようにしてください。
親知らず抜歯後の注意事項を詳しく見る
 

消毒・抜糸

消毒・抜糸

抜歯を行った後日、傷口の消毒を行います。その時に傷口の治り具合を確認し、問題がないか、もし化膿していれば抗生物質を追加で処方したり、程度によっては、もう一度麻酔を行い化膿してしまった組織を全てキレイに取り除く必要がある事もあります。
抜歯した後、歯肉を糸で縫った場合は抜糸を7〜10日後に行います。
 

親知らずの抜歯方法

親知らずの抜歯方法

真っ直ぐはえている親知らずの場合、抜歯の方法は通常の抜歯方法と同じです。しっかりと麻酔をかけた後に、器具を歯に引っ掛けるような形で抜きます。頭がしっかりと出ている場合はそれほど時間もかからず抜けることが多いです。
歯肉の下に埋まったままになっている親知らずを抜歯する時には少々時間がかかります。順調に抜けたとしても30〜45分はかかります。
下顎の親知らずで横に寝転んで歯肉の下に埋まっている親知らずのことを水平埋伏智歯といいます。
では、水平埋伏智歯の抜歯方法をご紹介しましょう。
 

1.麻酔

麻酔

水平埋伏智歯の抜歯を行う際、部分的に行う麻酔(浸潤麻酔)では足りないこともありますので、下顎の片方を全体的に痺れさせる麻酔(伝達麻酔)を行います。
伝達麻酔を行うと、広範囲に麻酔を効かせることができます。唇から舌まで痺れる感じがあります。
 

2.切開・剥離

切開・剥離

歯肉に覆われている親知らずを見えるようにするために、歯肉を切って開きます。
 

3.歯冠分割

歯冠分割

そのまま抜こうとすると、歯の頭の部分(歯冠部)が引っかかって抜けないため、歯冠部と歯根部を分割して抜きます。
分割方法は虫歯を削る要領で水を出しながら削って分割します。
 

4.抜歯

抜歯

分割を終えたら、歯冠部と歯根部に分けて取り出します。
 

5.搔爬

搔爬

抜歯した後の穴はキレイに掃除しないと治りが悪いです。抜歯が必要になった歯の周りには炎症が起きている組織や感染している組織が抜歯後にも残っています。
抜歯した穴をキレイに掃除することで治りが良くなります。
 

6.縫合

縫合

最後に、歯肉の切ったところを縫い合わせます。
通常、縫った糸は7日〜10日で抜糸いたします。
 

親知らず抜歯後のトラブル

親知らず抜歯後のトラブル

親知らずを抜歯した後、通常の治癒経過を辿らない事もあります。
抜歯後のトラブルが生じている場合はすぐに歯科医院を受診するようにしてください。
 

1.抜歯後疼痛

抜歯後疼痛

痛みが強すぎる、もしくは長引くことがあります。
通常、組織に問題がなければ徐々に回復してきますが、それまでの間は鎮痛薬を服用して痛みが無くなってくるのを待ちます。この期間中は3日から7日に一度は歯科医院を受診して傷口をチェックしてもらうことが望ましいでしょう。
 

2.抜歯後出血

抜歯後出血

抜歯を行った後、止血を行うためにガーゼを噛みます。これは圧迫止血と言って、グッと噛むことで徐々に血が止まってきます。大体30分ほど噛むと出血は止まってきますが、30分、1時間噛んでも全く血が止まらない、もしくは抜歯後2〜3日経っても血が流れてくる状態は、何らかの原因で出血が続いている可能性があります。
基本的に問題が起きていなければ、再度お家にあるきれいなガーゼかティッシュを丸めて噛んで30分程で止血効果が出てきます。
もともと血が止まりにくい方や、血液サラサラの薬を服用している方であっても、止血方法は変わりません。もし、心配でしたらかかりつけの歯科医院に連絡して診察してもらうのがいいでしょう。
歯科用レーザーを所有している歯科医院であれば、レーザーを患部に当てることで止血することができますので、出血が止まらない時には即効性もありとてもいい手法です。
通常、抜歯後翌日までは少し血が滲む程度が正常です。
 

3.抜歯後腫脹

抜歯後腫脹

抜歯した後、腫れることがあります。
腫れるかどうかは個人差があり、簡単な抜歯で腫れる方もいらっしゃいますし、歯肉を切ってとても時間がかかった抜歯でも腫れない方もいらっしゃいます。
上下の親知らずを比べると、下顎の親知らずの抜歯を行った時の方が比較的腫れる傾向にあります。
また、腫れる時は顔が倍くらいの大きさまで腫れることがあります。
しかし、顔が腫れるということは、炎症に対して体がしっかりと反応しているサインですので、さほど心配はいらないでしょう。抜歯後1週間で腫れ上がり、翌1週間で徐々に落ち着いてきます。腫れることを想定すれば、例えば旅行や結婚式に参列するときなどのイベント前は逆算して予約を取った方が無難かもしれません。
 

4.ドライソケット

ドライソケット

ドライソケットとは、直訳すると”乾いた穴”ですが、その名前の通り、歯を抜いた後の穴にかさぶたや歯肉が出来ずに、骨が露出している状態です。
原因は、抜歯後定着するはずだったかさぶたが、強くうがいをしたり、何らかの原因で剥がれてしまうことで起こります。
ドライソケットの場合、抜歯直後よりも2〜3日後に症状が出てきます。
症状としては、何もしなくても痛いこともありますし、触れると痛い(接触痛)が見られることが多いです。
この場合、抗生物質を通常よりも長く服用することで大体治癒してきますが、もう一度麻酔をかけて抜歯の痕から出血を促す処置を行うことがあります。
 

5.上顎洞瘻孔

上顎洞瘻孔

上顎洞瘻孔とは歯を抜いた穴と、鼻の構造の奥に当たる上顎洞という空洞の部分が交通してしまっている状態です。交通してしまっている穴を瘻孔と言います。
もともと、上の歯の奥歯の根の部分は上顎洞に大変近く、根の先の部分が上顎洞の中に一部入っていることもあります。この状態で歯を抜くと、抜歯の穴が上顎洞と交通してしまうということです。
症状としては、口の中に入れた水が漏孔から上顎洞の方に上がってしまうことがあり、鼻の穴から水が入ったような感覚があります。
治療方法は、上顎洞炎の恐れもあるため、抗生物質の継続投与が望ましいです。瘻孔は傷の治りをみて自然封鎖されるのを待ちます。もし、瘻孔が自然に閉じない場合、上顎洞瘻孔閉鎖術という外科的な手法で穴を塞ぐこともあります。
 

6.下歯槽神経麻痺

下歯槽神経麻痺

下顎の親知らずを抜歯する際に気にしなくてはいけないのが、「下歯槽管の位置」です。
下歯槽管とは歯を支えている下顎の中を通っている、大きな血管と神経の管です。
下顎の親知らずで、特に真横になっている状態ですと、親知らずの根の先が下歯槽管と近い位置になっていることが多いです。抜歯する際に傷つけてしまう位置にあるかどうかはCT撮影(3次元的レントゲン)を行って、しっかりと安全性を確認してから抜歯を行うことが望ましいでしょう。
万が一、抜歯後翌日に下顎の下あたりから唇にかけて触った感覚に左右差がある場合は麻痺を起こしている可能性が高いですので、処置を受けた歯科医院にすぐに連絡をしてください。
その際は、神経賦活剤の服用や専門病院の紹介を受ける形になるかと思います。
 

7.皮下気腫

皮下気腫

皮下気腫とは皮膚の内側に空気が入ってしまうことです。
抜歯を行って翌日などに頬のあたりを触ってみると、空気が動くような感覚があります。その際、捻髪音とも言いますがプチプチという音がします。
この症状によって痛みが増したり、感染が強くなることはあまりないですが、症状が消失するまでは歯科医院に通院した方がいいでしょう。
 

8.皮下出血

皮下出血

抜歯や外科的な治療を行った後に、頬や頬骨、下顎の下あたりに青アザが出てくることがあります。これは、口腔内の粘膜と外側の皮膚が筋組織で介していることから、内出血が外側の皮膚にまで達している状態です。
これによって痛み、腫れが強くなることはありませんが、通常の青アザと同じように消失するまでに1〜2週間ほどかかります。徐々に青アザは重力の関係で位置が移動して最終的に黄色くなってから消失します。
 

親知らずのまとめ

まとめ

親知らずというものは、あって得をすることはほぼ稀で悪さをしてくることの方が多いです。
親知らずが原因で他の歯が虫歯になってしまったり、抜歯しなくてはいけなくなるようなら早めに取ってしまうのも一つの手です。
お近くの歯科医院でよく相談し、できればCT撮影を行った上で安全に抜歯されることをお勧めいたします。