根管治療とは?

根管治療とは

根管治療とは根の神経がある根管という部分を治療するものです。
この治療が必要になる時は、虫歯が大きくなり神経まで達してしまった時、以前に根管治療を行ったところで感染が起きてしまった時などにこの治療が必要になります。
虫歯が大きくなってしまった時に行う根管治療を「抜髄処置」、根管に感染が生じてしまった時に行う根管治療を「感染根管治療」と言います。
 

抜髄処置

抜髄処置

虫歯が大きくなり、神経まで達してしまったC3の状態の時に行います。
この時の症状としては、冷たいものがしみる、温かいものがしみる、噛むと痛い、ズキズキ痛むなどがあり、症状が大きいと夜に眠れないほど痛むこともあります。
病名を「歯髄炎」と言います。
 

感染根管治療

感染根管治療

感染根管治療が必要な場合は、根管に感染が生じ根の先に炎症が生じてきた時です。レントゲンでみると根の先に玉状の黒い部分が見られます。これが感染から根の先に炎症症状が見られる状態なのです。
そして、噛んだ時に痛んだり、何もしていない時に歯が浮いたような症状、そして何もしなくてもズキズキと痛むような時は治療が必要になります。
病名を「根尖性歯周炎」と言います。
この病気は慢性炎症と急性炎症に分けられ、レントゲンでは炎症が見られても何も症状がない時があります。
症状がない慢性炎症の時は一概に治療が必要だということはありません。歯の治療歴や今後の治療方針と照らし合わせて治療の是非を決めていきます。
 

なぜ根管が感染するか?

なぜ根管が感染するか?

根管が感染してしまう原因は2つあります。
1つは根管治療中に感染してしまうルート。そしてもう1つは根管治療終了後、日常的に感染してしまうルートの2つです。
感染は主に口の中にいる細菌が原因です。唾液と一緒に根管の中に入り込んだり、治療器具と一緒に根管内に入り込み増殖して感染に至ります。また、治療後の感染としては、被せ物や詰め物の隙間から根管内に細菌が侵入し、感染してしまいます。
ある研究結果によると、根管治療が上手くいっていて被せ物が歯に合っていない状態と、根管治療に粗な部分があって被せ物がぴったり歯に合っている状態では前者の方が感染リスクが高いという結果が出ています。
 

感染リスクを下げるには?

感染リスクを下げるには?

感染根管を作らないためには、根の中に細菌が入り込まない環境を作ることが望ましいです。しかしながら、歯の中を滅菌することは不可能ですし、虫歯が大きく進行している時点で細菌は根管内に侵入しています。
いかに根管内の細菌数を減らし、増殖しない環境を作り上げるかがポイントです。
 

1.治療器具の滅菌

治療器具の滅菌

使用する器具の滅菌を徹底することです。
歯を削る器具や、根管治療時に使用するものは全て滅菌処理をする必要があります。
近年、歯牙切削器具を患者様ごとに変えずにアルコール清拭のみで済ませている病院があると話題になっております。患者様ごとに器具を変えることは当然ですし、患者様から他の患者様への全身疾患の感染にも気をつけていくべきです。
佐藤歯科クリニックでは、すべての器具を感染防止のために滅菌し、患者様ごとに使用を分けています。
 

2.ラバーダム防湿

ラバーダム防湿

ラバーダム防湿とは、歯にゴムのシートを掛けて、処置歯を孤立させ、唾液が処置中に歯の中に入り込まないようにして治療を進める方法です。
特に奥歯は器具も到達させにくい上に、舌が近かったり唾も溜まりますので、感染リスクが高いです。そのような時には必ずラバーダム防湿を行って治療することが望ましいでしょう。
また、根管治療に使用する薬剤は非常に危険なものもあります。そのような薬剤がお口の中に漏れ出ないようにするのもラバーダム防湿は活躍します。
慢性鼻炎で鼻が詰まっていたり、顎関節症でお口を大きく開けられない方には使用できません。
 

仮封材の選択

仮封材の選択

仮封材とは、いわゆる「仮の蓋」のことです。根管治療期間中は根の中に物が詰まらないように蓋をして、治療の時は外すということを繰り返します。つまり、簡易的に外すことはできるものの、感染しないように密封できるものでないといけません。
この仮の蓋についての研究結果でも、仮封材によっては、もしくは残っている歯の状態によっては治療から治療までの期間中に感染してしまうこともあります。
つまり、物を食べていて仮の蓋が欠けたり取れたりするようではいけませんし、取れなくともしっかり密封されている状態でなければいけないのです。 

4.治療に用いる材料の選択

治療に用いる材料の選択

根管治療を終えた後には、歯がしっかりと噛めるように歯に土台となるものを装着し、被せ物をしていくことが多いです。
この土台の装着と被せ物が歯にぴったり合っているか、隙間ができていないかがポイントになります。土台や被せ物に用いる材料や型取りに使用する材料で隙間ができるか否かが決まってきます。ご自身のブラッシング状況にもよりますが、銀歯は使用する材料の中では汚れが溜まりやすく感染リスクは高いです。
被せ物からの感染リスクを下げるためにはセラミックやジルコニアという材料を使用することをお勧めいたします。
 

根管治療の方法

根管治療の方法

抜髄処置について流れを解説いたします。
 

1.麻酔

麻酔

まずは、治療中に痛みが出ないようにしっかりと麻酔をかけます。
ズキズキと痛み、炎症症状が大きい場合には麻酔が効きにくいことがありますので、少しでも痛みを感じる場合はお伝えください。
 

2.虫歯の除去

虫歯の除去

虫歯を全て除去します。
虫歯を取りきらずに根管治療を始めると、虫歯に残っている虫歯菌が根管内に入り込みますので、根管治療を開始する前に全て虫歯を除去します。
 

3.隔壁

隔壁

隔壁とは歯に壁を作ることです。
虫歯が大きくてラバーダムを引っ掛ける歯の十分量が無かったり、歯ぐきの下まで虫歯が進行していると、根管内に唾液が入り込みやすい状態になってしまいます。
そのような時には、プラスチックの材料で歯の周りを一周囲むように壁を作り、唾液の侵入を防ぎ、ラバーダム防湿ができる状態にして治療を進めます。
 

4.抜髄

抜髄

根管に入るような細い器具を用いて、神経を取ります。
根管は細く、とても複雑です。神経を取り切り、根の中をきれいにするためには数回の治療回数がかかります。
 

5.貼薬・仮封

貼薬・仮封

一度、治療を終えるときは根管内に薬を入れ、仮の蓋をします。
 

6.根管充填

根管充填

根管内がきれいに仕上がり、問題ない状態になったら最後に樹枝状の薬を根管内に密に詰めます。
この樹枝状の薬のつまり具合が粗である場合、感染根管を作り出してしまうリスクが上がりますので、とても大切な処置です。
 

7.レントゲン撮影

レントゲン撮影

根管充填した薬のつまり具合をレントゲンで確認します。
 

8.根管治療後の処置

根管治療後の処置

根管治療が終了したら、その上に土台を立てて、被せ物をしていく準備を始めます。
被せ物を終えるまでが一連の治療工程です。回数もかかりますがしっかり最後まで通うようにしてください。
 

根管治療にありがちなこと

根管治療にありがちなこと

根管治療を開始すると痛みがなくなり、通院を止めてしまう方がいらっしゃいます。
これは感染根管を作り出してしまう原因にもなりますので、しっかりと治療を終えるまで通院するようにしてください。
根管治療中はできれば1週間に1回は通院することをお勧めいたします。
 

根管治療のまとめ

根管治療のまとめ

根管治療はとても根気のいる治療です。もし、治療が必要な歯の根がとても曲がっていたり、塞がっているように細かった場合、治療する先生もとても苦労する治療なのです。
根管治療が始まったら、治療に頑張って通い、しっかり噛めるように治療してもらいましょう。