入れ歯というもの

入れ歯

入れ歯は義歯と言い、歯を失った際にお口に装着する器具です。
手は義手、足は義足、目は義眼など色々なものがありますが、入れ歯もその一つです。
入れ歯は特に繊細で必ずと言っていいほど最初は違和感を覚えます。
なぜなら、お口は体の中でも特に敏感な組織だからです。
口の中に髪の毛一本入っただけでも気づきますよね?入れ歯はもっと大きく、馴染むまでは期間を要することもあります。

 

佐藤歯科クリニックの入れ歯

入れ歯

佐藤歯科クリニックでは入れ歯の作成に特に力を入れています。
歯を失ってしまった方であっても、美味しく楽しくお食事していただけるように入れ歯を作成してます。
そのための製作過程をご説明いたします。
 

1.精密な型取り

精密な型取り

入れ歯を作成する上で型取りは最も肝心です。
患者様のお口に合った型取りの器具を院内で作成し精密な型取りを行います。
 

2.噛み合わせの記録

かみ合わせの記録

噛み合わせを正確に記録します。義歯装着時の良い噛み心地と従来の顎の動きを可能にします。
 

3.人工歯の並び確認

人工歯の並び確認

実際にお口に歯を合わせてみます。
この時に、見た目や発音、歯の大きさや色など確認します。そして、噛み合わせの位置を再度確認いたします。
 

4.完成

入れ歯の完成

お口に合わせ、噛み合わせ調整を行います。
義歯装着後は痛みが出る時があります。ですので、完成後は入れ歯の微調整のために数回通院していただくこともあります。
噛み合わせや歯ぐきとの調和がしっかり整ったら終了です。
 

入れ歯の種類

入れ歯の種類

入れ歯にも種類があり、保険適応のものはプラスチック(アクリル)を用いたものです。
上顎の義歯は全体を覆うため、熱感が伝わりにくかったりアクリルの厚みによってお口の中が狭く感じたりします。上顎を金属で覆う金属床にすると、厚みも薄く、熱が伝わりやすくなります。
部分的な入れ歯を装着するとき、安定させるために金属のバネは必須です。そのバネが目立つことで見た目を気にされる方も多いです。そこを改善したノンクラスプデンチャーというものもあります。
 

金属床義歯

金属床義歯

金属床義歯に用いる金属はコバルトクロム、チタンなどがあります。
患者様のご希望の入れ歯をお聞きしたり、患者様に合っているものをこちらからご提案させていただきます。
総義歯   ¥200,000-
部分床義歯 ¥180,000-
 

金属床総義歯(保険外併用療養費)

保険外併用療養費とは保険適応外の治療を受けた場合に、その料金の一部を保険適応として治療を受けることができる制度です。
総義歯の金属床がその適応となります。


例)金属床総義歯値段 ¥216,000(税込価格)
通常、保険適応で入れ歯を作成した場合、型取りから完成まで約43,000円ほどかかります(健康保険10割負担の場合)この値段を保険外併用療養費として引いた値段が金属床義歯の値段になります。
216,000円から43,000円を引いた値段 173,000円が金属床義歯の金額です。なお、保険適応時の43,000円のうち1割負担の場合は4,300円、2割負担の場合は8,600円、3割負担の場合は12,900円は保険適応分の負担金となります。

つまり、3割負担の方が上顎に金属床総義歯を作成される場合、173,000円と12,900円がかかりますので、合計185,900円が実質負担金となります。
 

スマートデンチャー

スマートデンチャー

部分床義歯に使われる歯にかけるバネを目立たなく、自然感のある入れ歯に仕上がります。
入れ歯の見た目を気にされる方にお勧めです。
¥120,000〜¥180,000円
目立たない入れ歯「スマートデンチャー」について詳しく見る
 

医療費控除のお知らせ


年間で高額な医療費をお支払いになった場合、「医療費控除」というものが国から受けることができます。
歯科ではセラミック治療やインプラントなど保険適応外診療を受けることで治療費が高くなってしまうことがありますが、医療費控除を受けることでご自身の支払っている、もしくはご家族が支払っている所得税から還付金を受けることが可能なのです。
医療費控除について詳しく見る
 

入れ歯のまとめ

入れ歯のまとめ

入れ歯というものは、歯を失ってしまった方には必需品です。稀に歯を失って、そのままお食事されている方もいますが、入れ歯をしていた方が見た目やお食事できるものの種類も多くなります。
もし入れ歯をどうしても受け入れられない方はブリッジやインプラントでの治療もご検討ください。また、些細なことでもご相談ください。