インレーのご紹介

インレーのご紹介

インレーとは奥歯が虫歯になった時に詰める詰め物のことです。
審美性(見た目)や耐久性、そして清掃性によって治療後もう一度虫歯になってしまう二次カリエスのリスクが材料によって異なります。
 

インレー比較表

インレー比較表

当院で扱っている材料の比較表です。白くて見た目が自然でキレイに仕上がるものや、治療した部位がそのまま長く保たれるものまで、ご希望やお口に合ったものをご提案させていただいております。
 

詰め物の材料別に見た特徴

詰め物の材料別に見た特徴

審美性(見た目)、耐久性、清掃性のどこを実際重視したらいいのか、ご自身が希望するものが何かを探してみてください。
 

e-maxセラミック

e-maxセラミック

【利点】
e-maxセラミックは主成分がガラスのようなもので、歯と同じような硬さです。耐久性も十分です。
また、見た目も良く歯と同等の透明感があるため、実際の歯との区別がつかないくらいキレイです。
表面は滑沢でつるつるしているため、汚れが溜まりにくいので虫歯になりにくいです。
【欠点】
セラミックは陶器と同じような材質ですので、強い衝撃や噛み合わせが強い、歯ぎしりが強いと欠けたり割れたりすることがあります。
 

ジルコニア

ジルコニア

【利点】
ジルコニアとは人工ダイヤモンドと言われる材料で、とても硬く耐久性にはとても優れた材質です。
噛み合わせや衝撃で欠けたり割れたりする心配はありませんし、表面も滑沢でつるつるしているので虫歯になるリスクもかなり低いです。
見た目も白く、ある程度歯の色に合わせることができるので、目立つことはありません。
【欠点】
審美性を重視する場合は、ある程度歯の色と合わせるものとお考えください。
 

ハイブリッドセラミック

ハイブリッドセラミック

【利点】
ハイブリッドセラミックはセラミックとプラスチックを掛け合わせた材料です。
装着した時は歯の色を吸収する性質からとてもキレイに装着できます。
【欠点】
プラスチックの成分が吸水性、着色性があるため経年的な変色、劣化が見られます。
材質的に耐久性には若干弱く、噛み合わせが強かったり、衝撃によって欠けたり割れたりすることがあります。
セラミック単体のものと比べると表面に汚れが付きやすいです。

ハイブリッドセラミックについて詳しく見る
 

ゴールド

ゴールド

【利点】
金属ですので耐久性に強く、金属の中でも柔らかい材質から歯と密に装着することができるので虫歯のリスクも軽減できます。
【欠点】
金属ですので、審美性としてはお口の中で目立ってしまします。
 

金銀パラジウム合金

金銀パラジウム合金

【利点】
保険が適応されます。
【欠点】
銀歯は審美性に乏しく、経年的に口の中で劣化する性質があるため、虫歯になるリスクが高いです。
 

医療費控除のお知らせ


年間で高額な医療費をお支払いになった場合、「医療費控除」というものが国から受けることができます。
歯科ではセラミック治療やインプラントなど保険適応外診療を受けることで治療費が高くなってしまうことがありますが、医療費控除を受けることでご自身の支払っている、もしくはご家族が支払っている所得税から還付金を受けることが可能なのです。

医療費控除について詳しく見る
 

歯の詰め物のまとめ

歯の詰め物のまとめ

小さい詰め物はそれほど目立たないからと思っている方も多いのですが、ここからもう一度虫歯になってしまう場合、神経を治療する根管治療を必要することが多いです。
一度虫歯になってしまったところというのは、ご自身での歯磨きでは磨き残しがあったり、汚れが取りきれていないところに生じます。
その場合、もう一度虫歯にならないように材質を虫歯になりにくものにすることをお勧めいたします。