クラウンのご紹介

クラウンのご紹介

クラウンとは、前歯、奥歯に用いられる被せ物のことです。
審美性(見た目)や耐久性、そして清掃性によって治療後もう一度虫歯になってしまう二次カリエスのリスクが材料によって異なります。
 

クラウン比較表

被せ物の比較表

当院で扱っている材料の比較表です。白くて見た目が自然でキレイに仕上がるものや、治療した部位がそのまま長く保たれるものまで、ご希望やお口に合ったものをご提案させていただいております。
 

ボンドクラウンって何?

ボンドクラウン

ボンドクラウンとは、被せ物の一種で、材質が単体でなく二つの材料を用いて作られます。
2層構造になるボンドクラウンは、ジルコニアボンドクラウンは内側のフレームにジルコニアが使われ、メタルボンドクラウンは内側のフレームに金属が使われます。
表面にセラミックを焼き付けて歯の形に仕上げていきます。
 

利点、欠点は?

利点、欠点

【利点】
ボンドクラウンの特徴は、色や形の再現性に長け、フレームの強度からブリッジに用いることもできます。セラミックの性質上、変色や材質の変性は起こりません。
ジルコニアボンドクラウンは歯の持つ透過性も再現することができ、特に前歯での使用をお勧めいたします。
【欠点】
メタルボンドクラウンは長年使用すると、歯と歯ぐきの境目に金属が薄く透けてくることがあるので、長期間経った時に交換が必要になることがあります。
表面はセラミックですので、衝撃や強い噛み合わせ、歯ぎしりによって欠けることがあります。
 

e-max セラミッククラウン

e-max セラミッククラウン

e-maxセラミッククラウンはガラス製セラミックのe-maxという材料単体で作られるものです。
【利点】
セラミック単体で作られるので、とてもキレイに仕上がります。
強度も十分で、表面に汚れがつきにくいのが特長です。
【欠点】
セラミックですので衝撃や強い噛み合わせ、歯ぎしりで欠けたり割れたりすることがあります。
 

FCZ ジルコニアクラウン

FCZ ジルコニアクラウン

FCZジルコニアクラウンはノーベルバイオケア社が作成する被せ物です。
【利点】
従来のジルコニアに比べ硬さが抑えられ、なおかつ十分な硬度があります。
表面は滑沢でとてもつるつるしているので汚れが溜まりにくいです。虫歯になることを防ぎます。
審美性も良く、特に奥歯にお勧めな素材です。
【欠点】
ある程度の色調で作成し、色合わせを行うので、細かな色合わせに数回かかる場合があります。
色合わせがシビアでない奥歯のケースにお勧めです。
 

ジルコニアクラウン

ジルコニアクラウン

人工ダイヤモンドと呼ばれるジルコニアで作成されるものです。
【利点】
表面が滑沢でとてもつるつるしていますので、汚れが溜まりにくいです。虫歯になることを防ぎます。
硬さが十分あり、欠けたり割れたりすることがありません。
【欠点】
硬さが硬すぎることから、定期的に噛み合わせ調整を必要とすることがあります。
硬すぎて噛み合う天然の歯が摩耗(削れる)することがあります。
色調を周囲の色とシビアに合わせることができないので、あまり色調がシビアに求められない奥歯に使用します。
 

ゴールドクラウン

ゴールドクラウン

金を使った被せ物です。金の値段は時価ですので、制作料金と金属代が別途かかります。
【利点】
金はとても柔らかい金属ですので、歯に密接させることができ、耐久性も十分です。
【欠点】
審美性は良くありません。
セラミックやジルコニアと比べると汚れのつき具合は劣ります。
 

硬質レジン前装冠


硬質レジン前装冠は保険診療で前歯に用いられる被せ物です。
【利点】
保険が適応になります。
【欠点】
硬質レジン部が長期的に使用すると変色します。
長期的に使用すると歯ぐきとの境目に金属が透けてきて黒く目立ちます。(ブラックマージン)
比較的汚れは溜まりやすいです。
金属アレルギーが生じることがあります。
歯ぐきに金属の色が移ることがあります。
 

金銀パラジウム合金

金銀パラジウム合金

いわゆる銀歯の被せ物です。
【利点】
保険が適応になります。
【欠点】
審美性に劣ります。
汚れが比較的溜まりやすいので再度虫歯になることがあります。
金属アレルギーが生じることがあります。
歯ぐきに金属の色が移ることがあります。
 

CAD/CAMクラウン

CAD/CAMクラウン

CAD/CAMクラウンは前から4、5番目の第一小臼歯、第二小臼歯に適応されます。状態によっては下顎の前から6番目の第一大臼歯にも適応可能です。
【利点】
保険が適応されます。
白い被せ物なので、ある程度見た目を改善できます。
【欠点】
硬度が十分でないため、欠けたり割れたりすることがあります。
素材的に比較的汚れが溜まりやすいです。
 

医療費控除のお知らせ


年間で高額な医療費をお支払いになった場合、「医療費控除」というものが国から受けることができます。
歯科ではセラミック治療やインプラントなど保険適応外診療を受けることで治療費が高くなってしまうことがありますが、医療費控除を受けることでご自身の支払っている、もしくはご家族が支払っている所得税から還付金を受けることが可能なのです。
医療費控除について詳しく見る
 

歯の被せ物のまとめ

歯の被せ物のまとめ

被せ物をするということは、ご自身の歯を大きく削ることになります。そこからまた虫歯になるようなことがあると、最悪の場合抜歯をしないといけないことがあります。
被せ物をするということは、歯を守る最後の砦です。その歯が一生使えるような治療を受けることをお勧めいたします。