デンタルフロス

デンタルフロスを使ってますか?

デンタルフロスって何?という方も多いのではないでしょうか。

デンタルフロスとはいわゆる「糸ようじ」です。

「あー糸ようじか。使ってないよ。」という方も、「糸ようじは使ってないけど爪ようじは使ってるよ。」という方も要注意です。

それは、お口の中が虫歯の巣窟になってしまう危険性を秘めています。

デンタルフロスとは

デンタルフロスとは、主に歯と歯の間の汚れを取る器具です。歯ブラシを「主要器具」、デンタルフロスや歯間ブラシなど歯ブラシ以外のもので汚れを落とす器具を「補助器具」ということもあります。

歯ブラシ一本で歯を磨いた時に、どれだけ歯磨きが上手な人が磨いても全体の60〜70%しか磨けないと言われています。つまり、残りの30~40%の部分には汚れが溜まっていますし、その部分は歯ブラシだけでは取りきれない部分なのです。

汚れが溜まってしまう場所は、歯ブラシの先が届きにくい細かいところ歯と歯の間です。

3大虫歯になりやすいところの一つに歯と歯の間があります。

デンタルフロスの種類

デンタルフロスの種類は柄のついたものと、柄がなく指に巻きつけて行うものがあります。

柄のついたものは初心者向けでとっかかりにはいいかと思いますが、奥歯の間の操作は逆に難しかったり歯に装着した詰め物の隙間にデンタルフロスが引っかかってしまうとなかなか取れず大変です。

逆に指に巻きつけて行うものは最初はコツを掴むのに苦労するかもしれませんが、コツを覚えると奥歯まで挿入することも可能ですし、操作しやすく汚れの除去率は断然こちらの方が高いと思われます。

デンタルフロスにはワックスタイプとワックスのついていないタイプがあります。

ワックスタイプはより歯と歯の間に滑り込ませやすくなっており、ワックスのついていないタイプはより汚れを取りやすくなっています。

その他にも様々なフレーバーのついたものなど、ドラッグストアには豊富に種類がありますのでお気に入りを探して使ってみてください。

デンタルフロスはいつやるか?

デンタルフロスはできれば1日1回は行うと良いでしょう。外出先やお店の中ではできないことが多いと思いますので、寝る前の夜の歯磨きの時に行うことをお勧めいたします。

歯を磨く前に一通りデンタルフロスを通してから歯ブラシで歯磨きをするようにしてください。

そうすることで、デンタルフロスで落とした汚れを歯ブラシで一緒に落とすことができます。

 

デンタルフロスが教えてくれるサイン

デンタルフロスを行うことでわかる歯の状況のサインがあります。

①出血する

強く歯ぐきに当てたわけではないのに出血する場合、歯ぐきに炎症が起きているサインです。

原因は、汚れが溜まってそのままの状態になった期間が長かった、治療で歯と歯の間に詰めたものが汚れを溜め込みやすい形になっている、歯周病、歯石が付いていると言ったことが考えられます。

②臭いがする

デンタルフロスを通した後に臭いがすることがあります。

原因として考えられるのは、長い期間溜まっていた汚れがあった時、虫歯、歯周病のいずれかです。1日1回デンタルフロスを通していれば、長い期間溜まっている汚れが原因ということは考えにくいため、虫歯か歯周病が原因であることが考えられます。

③引っかかってちぎれる

デンタルフロスを歯と歯の間に入れた後に引っかかってちぎれることがあります。引っかかるということはそこが正常な状態ではないということです。

健康な歯と歯の間であれば引っかかることもちぎれることもありません。

引っかかる場所が治療されている場所ならば詰め物が合っていなかったり段差がある可能性が高く、そこから再度虫歯になってくるリスクがあります。

治療されていないところで引っかかってちぎれてしまう場合、すでにそこの歯と歯の間が虫歯によって欠けてしまっていてギザギザしたところに引っかかってしまっていることがあります。

④凍みる

デンタルフロスを通すと歯がしみることがあります。

デンタルフロスを通す刺激が歯に伝わってキーンと凍みる状態です。

この場合、歯ぐきが下がってしまっていて凍みる歯の根の部分が出ているため、そこにデンタルフロスが当たって凍みる知覚過敏の状態と、虫歯の可能性が考えられます。

まとめ

虫歯になりたくない、歯周病になりたくないという方は、まずはデンタルフロスを使ってみてください。

デンタルフロスをマスターすることで予防できる虫歯、歯周病は多いと思います。

デンタルフロスを習慣化することが、歯を長持ちさせる方法です。