小さい虫歯の治療法

あなたのお口にはいくつ虫歯がありますか?

お口にはいくつ虫歯がありますか?

今、お口の中に何本むし歯がありますか?一度、鏡の前で数えてみてください。
明らかに虫歯と数えられるものもあるかと思いますが、歯と歯の間や奥歯は見えにくいですよね。そんな見えにくい所や気付きにくい所にむし歯が隠れていることが多いです。

 

虫歯になりやすい箇所トップ3

虫歯になりやすい箇所トップ3

実は歯の虫歯になりやすさは場所によって違います。前歯よりも奥歯の方が虫歯になりやすいですし、下の前歯よりも上の前歯の方が虫歯になりやすいです。これは口の構造によるものでありますが、歯の構造によって虫歯になりやすい所があります。
1.歯と歯の間
2.奥歯の噛む面
3.歯と歯ぐきの境目
この3大虫歯になりやすい所をご存知でしたか?言われてみたら「あぁ、そうか。」という感じかもしれませんが、歯磨きをするときに、そこをしっかり磨くようにすることが大切です。
 

小さい虫歯の治療法

小さい虫歯の治療法

小さい虫歯の治療をするときというのは、エナメル質に限局した虫歯、象牙質まで進行した虫歯の時を言います。
治療方法も様々ですし、先生によっても異なることがありますが、一般的に、そして佐藤歯科クリニックで行っている治療方法をご説明します。
歯の構造について詳しく見る
 

初期の虫歯

初期の虫歯

まだ初期の虫歯であれば、治療はいらないです。むしろ、治療してしまうことが歯にとって歯の健康な部分も削らなくてはいけない、治した部分が再度虫歯になるリスクがあるというデメリットになってしまうこともあります。
初期の虫歯でしたら、まだ健康に保てる可能性があります。しかし、今のまま過ごしていたのでは、きっと虫歯は進行してしまうでしょう。
しっかりと歯科医院でケアの方法を教わって、定期的にチェックをしてもらうことが大切です。
 

エナメル質に限局した虫歯

エナメル質に限局した虫歯

エナメル質の部分に限局した虫歯の場合、まだしみる症状が出ていないことが多いです。
虫歯の進行が少ない分、虫歯を削る量も少ないです。この時点でしっかり虫歯を治しておくことがとても大切です。
 

コンポジットレジン充填

コンポジットレジン充填

エナメル質に限局した虫歯はコンポジットレジン充填(CR充填)と言われる方法で治療することが多いです。
コンポジットレジンはプラスチック状の白い材料です。前歯の歯と歯の間や、奥歯の噛む面、歯と歯ぐきの境目が虫歯になった時に用いられます。
虫歯を削って取った後に、接着剤を用いて歯に詰め、噛み合わせ、形を修正して終了です。
1日で終えることができるので、とても簡便に行えるのですが、前歯の場合、黄色に変色してくること、そして奥歯の場合、噛み合わせの状態によって割れてしまうことがあれば、再治療が必要になります。
 

象牙質まで進行した虫歯

象牙質まで進行した虫歯

象牙質まで虫歯が進行すると、歯がしみる症状が出てきます。
冷たいもの、甘いものが少ししみる状態は、まだ象牙質で虫歯が止まっている時に出る症状です。ここから、温かいものがしみる、噛むと痛いという症状が出てきている時は、虫歯の進行が大きく歯の神経に虫歯が近づいている危険性が高いです。
象牙質まで進行した虫歯で、特に奥歯の歯と歯の間にできてしまった場合は型取りをして詰め物を装着していく流れになります。
 

1.虫歯の除去

虫歯の除去

まずは虫歯を除去します。
 

2.フクトウ

フクトウ

フクトウとは覆罩と書き、虫歯が深く大きかった場合、神経に近づいてしまうため、神経との距離をおいて痛みが出にくくする処置です。
虫歯が大きくフクトウが必要な時は、その日はこの処置で終了とし、次回来院された時にズキズキとした痛みや以前よりも増した痛みが出ていないかを確認します。
もし、痛みが増している場合、歯の神経を取る治療が必要になる可能性が高いです。
根管治療について詳しく見る
 

3.形成

形成

虫歯を取った後、詰め物がキレイに入るように削った後を修正します。
 

4.型取り

型取り

削った後を型取りします。
型取りの材料は非常に粘性が強く、嘔吐反射(型取りをするときに吐き気が出てしまう)のある方は事前に伝えておいた方がいいでしょう。
 

5.仮封

仮封

詰め物は歯科技工所というところで作成いたしますので、完成するまでに一週間ほどかかります。
その間、物が挟まったり、歯がしみたりしないように、仮蓋をします(仮封)。
この蓋は次回の治療時にしっかり取れるように仮でつけているので、ガムやキャラメルのような食べ物でとても取れやすいですので気をつけて下さい。
 

6.装着

装着

1週間後に出来上がったものを装着します。
 

詰め物の種類

詰め物の種類

詰め物の種類は保険適応の場合、通常銀の詰め物を装着します。
銀の詰め物は保険適応治療ですので、特にご希望がなく、あまり金額は高くならないように治療する場合、適応となりますが、例えば、長持ちするもの、目立ちにくく歯の色があっているものなど、ご希望がある場合は、その他の材料をお勧めします。

歯の詰め物について詳しく見る

 

まとめ

小さな虫歯のまとめ

虫歯は小さくても治しておいた方がいいです。小さくて何も症状がないと、そのままにしておく方もいますが、虫歯は自然には治りません。
いつしかその虫歯が大きく歯を蝕み、激痛に変わる頃にはとても深刻な状態になっていることもあります。
早めの治療と定期的な検診で虫歯のチェックを行うことをお勧めいたします。