歯周病と糖尿病の関係

歯周病と糖尿病
重度歯周病

歯周病は口の病気、歯を支えている骨を溶かしていくもので進行すれば歯が抜け落ちてしまう。糖尿病は生活習慣病で血糖値が上がってしまう病気。このような認識の方も多いと思います。しかし、歯周病と糖尿病が密接に関係があることを知っている人は少ないのではないでしょうか。

歯周病について詳しく見る

歯周病と糖尿病の関係
お口にはいくつ虫歯がありますか?

歯周病と糖尿病の関係性には相関性があります。歯周病が進行すると糖尿病が悪くなる。糖尿病が進行すると歯周病も悪くなるといった関係性まで密なものなのです。

歯周病とインスリン
麻酔

歯周病とは歯ぐきの病気でほとんどの場合、慢性炎症として口の中で進行していきます。慢性炎症は急性炎症とは逆にズキズキ痛んだり、腫れて痛みが出たりということが無く進行するものですので、気づいた時には悪化してしまって取り返しのつかないことになるということが怖いところです。

痛くもないけど歯周病はあるという状態でも、歯ぐきでの炎症はずっとありますので、炎症が起きているという物質が血液に乗って体内を流れます。歯周病が進行するとこの炎症物質が血中に増え、インスリンの働きを邪魔してしまいます。

インスリンは膵臓で作られるホルモンで血糖値を下げる働きがありますが、このインスリンの働きが弱くなってしまうと血糖値のコントロールが上手くできなくなってしまうので、糖尿病が悪化します。

糖尿病と歯周病の関係
歯の被せ物のまとめ

糖尿病が悪化すると免疫機能が弱くなってくるということもあり、歯周病に対する免疫も同時に低下し、歯周病の悪化につながります。つまり、歯周病と糖尿病には相関関係があるということになるのです。

歯周病が治ると糖尿病が治るということでもありませんが、相関関係にある歯周病を治療することで糖尿病には良い働きがあるということには違いないです。

糖尿病の既往がある方は、是非一度歯科医院で歯周病のチェックをしてみてください。