親知らずの応急処置

親知らずの応急処置

親知らずの応急処置

親知らずが痛くて夜も眠れない!すぐに歯医者にも行けないしどうしよう、、。という状況になってしまったことはありませんか?
明日も明後日も仕事だし、週末の休みは予定もあるし、歯医者も休みだし・・・
痛くて仕方ない!けど歯医者に行く時間も暇もない!という方は必見です。

 

1.腫れたところを冷やす

腫れたところを冷やす

親知らずの腫れも炎症の一つです。体のどの部位でもそうですが、腫れているところは冷やすとある程度、炎症を抑えることができます。
しかし、冷やすことで完全に痛みを取り去ることは難しいと言えます。応急処置の中でも一番に試すべき方法です。
 

2.鎮痛薬を服用する

鎮痛薬を服用する

痛みがあるときは痛み止めです。薬局でもたくさんの種類が売られていますが、どの種類でもさほど大きく効果に差はないと思います。
「速く効く!」など売り文句はたくさん見られるので、ご自身に合ったものをお買い求めください。
しかし、激痛が続いていると痛み止めは効きづらくなります。だからと言ってたくさん服用すれば効くというわけではないので、用法用量をお確かめの上、服用するようにしてください。
 

3.キレイにする

キレイにする

親知らずの腫れの原因は「細菌感染」です。では細菌はなぜ親知らずの周りで悪さを始めてしまったのか?
それは、親知らずの周りに細菌の餌となる汚れが溜まっていたからだと考えられます。
ですから、痛く腫れ上がっていたとしても、柔らかい歯ブラシで磨いたり、細かいところを磨くタフトブラシを用いたりして汚れを取ることが大切です。
それに加えて、磨いた後にマウスウォッシュでしっかりと洗い流すと、細菌の数を減らすことができ、炎症も治まります。
しかし、それでも取れない汚れが原因になっているとすれば、自身でのケアで改善は難しいかもしれません。
 

4.歯痛薬を直接塗る

歯痛薬を直接塗る

患部をしっかりとキレイにした後に市販の歯痛薬を塗ることも効果的かと思います。
歯痛薬の中には虫歯用と歯茎用があるので、親知らずの腫れを治めたい時はもちろん「歯茎用」をご用意ください。
薬効成分として、歯茎の周りを少し麻痺させる成分や、鎮痛、消炎、殺菌作用も有しているようなので、応急処置としては活躍してくれるかもしれません。
 

5.寝る

寝る

親知らずに限らず、歯茎が腫れてくる時は、自己免疫力(細菌などに自分の体が抵抗する力)が弱ってきている時が多いです。
親知らずが痛くて病院にいらっしゃる患者様に質問すると「寝不足」「最近忙しくて・・・」という方が多いです。自己免疫力が低下する原因としては、寝不足や疲れている時が一般的ですし、元々免疫力が弱い方もいらっしゃいます。
自己免疫力を高めるためにはよく寝て疲れを取ってあげることが大切です。
 

まとめ

まとめ

親知らずの応急処置はあくまで応急処置です。お家で出来る方法ばかりを紹介させていただきましたが、一番良いのは「歯医者に行く」ということです。
親知らずの腫れは繰り返します。何度も何度も繰り返していると、そのうちに痛みが引かなくなることもありますし、重大な疾患に変わってしまう事もあります。
おすすめは1回でも腫れたら、歯科医院に通って親知らずをやっつけることです。特に女性は妊娠期には親知らずを抜くこともできませんし、薬を服用することもできませんから、早めに対処しておくといいでしょう