睡眠時無呼吸症候群

睡眠時無呼吸症候群とは

睡眠時無呼吸症候群(Sleep Apnea Syndrome)とは、通称SASと言われています。

寝ている時に息が止まる、数秒から長い時は2分近くも呼吸が止まり、体に大きな負担をかけてしまう病気です。

SASの患者様は、その症状の影響から睡眠が浅くいつも目覚めが悪いです。そして日中、会議中や車の運転中でもうとうとしてしまします。SASの方は健常者に比べ約7倍の事故率だそうです。

10秒以上の呼吸停止を無呼吸とし、それが一晩(7時間)に30回以上、もしくは一時間に5回以上あれば睡眠時無呼吸症候群と診断されます。

睡眠時無呼吸症候群の影響

無呼吸の状態が続くと、脳が酸欠状態を回避するために呼吸器、循環器に緊急指令を出します。すると心臓などに大きな負担がかかってしまします。

睡眠時無呼吸症候群の方と健常者の方では脳卒中4倍、不整脈2〜4倍、狭心症・心筋梗塞2〜3倍、糖尿病2〜3倍、高血圧症2倍と罹患率が睡眠時無呼吸症候群の方が大きく上昇します。

睡眠時無呼吸症候群患者の特徴

睡眠時無呼吸症候群には閉塞型と中枢型がありますが、90%が閉塞型です。

【特徴】
・口蓋垂(のどちんこ)が発音時に見えにくい人
・口蓋扁桃が腫れていて気道が狭くなっている人
・肥満
・下顎が小さい

治療方法

睡眠時無呼吸症候群は舌の付け根(舌根)が喉の奥の方を塞いでしまうことによって気道閉塞が生じます。ここで無呼吸の状態が起きます。

つまり、治療方法はこの舌根が気道を閉鎖しないようにするというものです。

〔経鼻的持続陽圧呼吸療法(CPAP)〕

CPAP(シーパップ)は治療用マスクを装着して寝ることで鼻から空気が送り込まれ、気道を広げることでふさがらないようにするものです。

〔マウスピース療法〕

マウスピース療法は就寝時にのみ装着するものです。通常、マウスピースというものは上のみ、もしくは下のみに装着するものですが、睡眠時無呼吸症候群用のマウスピースは上下の歯を固定するようになります。

上と下のマウスピースを別々に作り、口腔内に装着します。そして奥歯で噛める位置から下顎を前方にスライドさせて上下の前歯の先端が合う位置でストップし、そこで印をつけます。口腔外にマウスピースを取り出して、印を付けたところで上下のマウスピースをくっつけます。再度、口腔内に装着すると下顎が少し前に出た位置で固定されるため、舌も同時に前方に引っ張られた位置になり、気道が閉塞しにくくなります。

マウスピース作成をご希望の方は、耳鼻咽喉科の先生の診断書をご持参いただければ、保険適応となります。

〔口蓋扁桃の摘出〕

小さい虫歯の治療法

よく、扁桃腺が腫れやすい方は摘出手術を受けられることがありますが、口蓋扁桃の腫脹、肥大が原因で睡眠時無呼吸症候群が生じている場合も、摘出手術が必要になります。

〔生活習慣の改善〕

肥満などが原因で気道の閉塞が生じている方は食事療法や運動療法を行い、生活習慣の改善も重要な治療です。

睡眠時無呼吸症候群のまとめ

睡眠時無呼吸症候群は耳鼻咽喉科にまず罹られてから、必要であれば歯科を受診されてください。睡眠時無呼吸症候群が原因で死に至ることはないかもしれませんが、重篤な病気を引き起こすきっかけになる可能性は十分にあります。また、日中に車の運転をされる方にとっては事故を起こしてからでは取り返しがつかなくなってしまいます。