象牙質知覚過敏症

象牙質知覚過敏症って何?

象牙質知覚過敏症は最近、よくテレビのCMなどで耳にするようになりました。

症状のイメージとしては「冷たいものが歯にしみる」という具合かと思います。

では、なぜ冷たいものが歯にしみるようになるのでしょうか。

症状
抜歯後疼痛

①冷たいものが歯にしみる

②歯と歯ぐきの境目に歯ブラシを当てるとしみる

冷たいものが歯にしみる症状が徐々に進行すると、温かいものが歯にしみるようになり、最後にはズキズキと痛むこともあります。

虫歯というわけではないのですが、症状として同じように感じるので「虫歯かもしれない」と思って歯医者に行ったら知覚過敏だったという方も多くいらっしゃいます。

原因
上下の親知らずが噛み合っている

①噛み合わせの問題

②歯ぎしり、食いしばり

③歯ブラシが硬い

④過度なブラッシング

⑤歯周病

噛み合わせが良くない場合、特定の歯が他の歯に比べ強く当たっていたり、歯ぎしり、食いしばりの歯への負担が大きくなることがあります。そうすると、歯への過度な負担の力が歯と歯ぐきの境目に応力集中し、歯の表層のエナメル質が欠けてきます。

歯の構造について詳しく見る

この歯の欠けのことを「くさび状欠損」と言います。

くさび状欠損が生じると、エナメル質の内側にある象牙質が口腔内に露出します。すると、歯に対する刺激を神経に伝える役割の象牙質は、エナメル質に覆われている部分に比べ過敏に刺激を神経に伝え、「痛い」という症状が生じます。

歯ブラシが硬かったり過度なブラッシングによって、歯ぐきが下がってしまうことがあります。

これにより、エナメル質で覆われていない歯根の部分が口腔内に露出し、象牙質が丸出しになることで知覚過敏が生じます。

適度なブラッシングと歯ブラシの毛の硬さに気をつけましょう。

そして、歯周病に罹患すると歯周組織と言われる歯ぐきと歯槽骨が下がって、歯根が口腔内に露出してきます。これにより上記と同じように知覚過敏が生じます。

対策
①知覚過敏用歯磨き粉の使用

知覚過敏用歯磨き粉はテレビのCMでも流れていますが、知覚過敏への対処法としては第一に行う治療方法です。歯磨き粉に含まれる薬効で過敏に反応しやすくなっている神経を鎮め、凍みにくくします。

知覚過敏用歯磨き粉について詳しく見る

②フッ素塗布
フッ素が歯に良い理由

フッ素を塗布することで象牙質表面から再石灰化を促し、刺激の入口となっていた管を塞ぐことで凍みにくくします。

この上記2つの方法は即効性こそありませんが、歯をできるだけ自然な状態に戻すという点でまず試すべき治療方法といえるでしょう。

フッ素について詳しく見る

③レーザー照射
インプラント治療のまとめ

歯科用レーザー照射は凍みる原因となっている歯に直接レーザーを当てることで炎症が起きそうになっている神経を鎮める働きがあったり、刺激の入口となっていた象牙質の管を膜を張って塞ぐことで凍みにくくする効果があります。

しかし、歯科用レーザーは大変高額ですので、歯科医院に設置されていないこともあります。

④凍み止めの塗布

凍み止めの塗布は象牙質の刺激の入口となる管を直接薬を塗ることで塞いでしまう方法です。この方法は即効性もあり、歯に対する為害性も低いため、歯科医院での治療法としてはまず試される治療法です。

⑤コンポジットレジン充填
コンポジットレジン充填

コンポジットレジン充填は、大きくくさび状欠損になってる場合、欠落してしまったエナメル質を補填する要領で行います。こちらも即効性が高い治療方法ですが、治療目的で行ったコンポジットレジンが細かいところで歯ぐきとの間で段差が生じていたりすると汚れが溜まりやすくなってしまうので、二次的に虫歯にならないように治療を行います。

小さい虫歯の治療法について詳しく見る

⑥抜髄

凍みる痛みが大きく、冷たいものだけでなく、温かいものも凍み、ズキズキ痛むような症状になっている場合、原因が知覚過敏であっても歯の神経を取る抜髄処置が必要になります。

根管治療について詳しく見る