ハイブリッドセラミックの詰め物

ハイブリッドセラミックって何?
お口にはいくつ虫歯がありますか?

歯科の詰め物のことをインレー(場合によりアンレートも言いますが、ここでは統一してインレーとします。)と言います。現在の保険診療ではインレーを白い材料で詰める方法は、コンポジットレジンという白い歯科用プラスチックで製作する方法しかありません。コンポジットレジンは奥歯での噛み合わせには強度が不十分であるため欠けたり、割れたりすることがあります。

そこで、強度を持った白い詰め物!となると保険適応外の材料を選ぶほかありません。その中でもお求めやすいものが「ハイブリッドセラミック」を用いたインレーです。

ハイブリッドセラミックとは歯科用レジン(プラスチック)にセラミックを掛け合わせた材料で、コンポジットレジンよりも強度が増しています。

そして、装着時の審美性はとても高いです。これはハイブリッドセラミックの特徴でもある、インレーの周りの歯の色が反映されやすいというところから、周りの色を拾ってくるので歯と馴染む色に見えるという効果があります。

「コンポジットレジンでは不安だけど歯を綺麗に白くしたい!でもあまりお金もかけられない・・・」

というときにはハイブリッドセラミックがオススメです。

ハイブリッドセラミックの詰め物で大丈夫?
仮歯

ハイブリッドセラミックの欠点とすれば歯ぎしりや食いしばり、硬いものをよく食べる人に対しては強度が不十分です。よってインレーが割れてしまったり、欠けてしまったりすることがあります。

このような習癖があるけどハイブリッドセラミックで治療を受けたい場合は「ナイトガード」という夜に寝ている時につけるマウスピースをすると、歯に対しての負担が軽減されてせっかく入れたハイブリッドセラミックインレーが欠ける、割れるということを回避できます。

値段も半分以下の値段ですのでお得感はあります!

歯の詰め物について詳しく見る

銀歯が見える口の中を白くて綺麗なお口にしてみませんか?