フッ素の効果

フッ素の効果

フッ素の効果

フッ素は現在、多くの方に知れ渡り、虫歯予防に効果があるという認識を持たれている方も多いのではないでしょうか。
では、フッ素が実際どのように歯を虫歯から守っているのか?これを知るとフッ素で虫歯予防をしたくなりますよ。

 

フッ素が歯に良いのは何で?

フッ素が歯に良い理由

フッ素は歯磨き粉などにフッ化ナトリウムとして配合されています。
歯の表面の成分はハイドロキシアパタイトと言う結晶体でできています。このハイドロキシアパタイトの結晶体にフッ素が作用することでフルオロアパタイトに変身します。
この変身したフルオロアパタイトはハイドロキシアパタイトに比べ、耐酸性が強く虫歯菌に対する抵抗力が高いことから虫歯予防に良いとされています。 

フルオロアパタイトの実態

フルオロアパタイトの実態

フッ素によって生成されるフルオロアパタイトは2通りの生成過程があります。1つ目はハイドロキシアパタイトの成分と歯の表面でフッ素が合体してフルオロアパタイトになること。もう1つはお口の中にフッ素が入って、カルシウム成分とリン酸成分がフッ素と合体してフルオロアパタイトとして歯の表面に付くことの2通りです。 

フッ素塗布

フッ素塗布

フッ素を取り入れることができるのは歯磨き粉に含まれるものと、歯科医院で歯面に塗布してもらう方法です。
歯磨き粉に配合されているものと歯科医院で塗布するものはフッ素濃度が異なるので、歯科医院で塗布するものの方が効果が高いです。
もちろん、大人、子供にかかわらず効果は見られますので、歯科医院で虫歯予防に塗ってもらうことをお勧めします。 

フッ素の副作用

フッ素の副作用

フッ素も実は歯に良いだけではなく、副作用があります。
過剰摂取をした場合、フッ素症になることがあります。
フッ素症とは、歯の表面が斑点状に白くなる、いわゆる斑状歯という状態です。症状が強くなると斑点の色が強くなることがあります。
この歯のフッ素症は乳歯よりも永久歯で見られることが多くあります。
歯磨き粉やフッ素洗口を用法用量を守って行っている分には、フッ素症になることはありません。
全身的な副作用としては急性中毒の症状が出たり、慢性的なものでは骨硬化症などがあります。しかし、このような症状が出るには過剰摂取するほかありません。小さな子供が大人用の歯磨き粉をたくさん飲み込んだり、歯科医院で用いるものをごくごく飲まない限りは問題ありません。 

水道水にフッ素

水道水にフッ素

欧米では水道水にフッ素が含まれていて、虫歯予防を行っている国があります。これを水道水フロリデーションと言います。
この政策は国単位で行われ、副作用がないくらい微量のフッ素にコントロールされているため安全です。そして虫歯が実際に減ったという報告が出ているため、効果はあるということです。
欧米諸国では日本のような保険制度がないため、歯科治療は非常に高価なものです。お金のない人は痛くても歯医者にはいけないのです。つまり、国が虫歯を抑えることで歯科医院にかからなくて済むようにしているということです。 

フッ素の効果のまとめ

フッ素の効果のまとめ

最近、オーガニックなどの野菜を選ぶ方が多くなっています。
医療に関してもなるべく接しないように、摂取しないようにと考える方も増えてきているとお聞きしました。しかし、医療も研究を重ねて良いものを提供するという大前提で行っている行為です。
不安な方は色々と知識をつけて、専門家に相談するなどしてみてはいかがでしょうか。
フッ素もその一つで、歯にはとても良いものですが過剰摂取は悪になります。お子様の健康を守るのはお父さん、お母さんです。