このような悩みのある方はお気軽にご相談ください。

歯が痛い

「歯が痛い」という症状は歯科医院に罹っている患者様の主訴ではとても多いです。

単純に「歯が痛い」と言っても、どのような時に「歯が痛い」のかによって原因が異なります。

冷たいもの・温かいもので歯が凍みる

抜歯後腫脹

冷たいもの・温かいもので歯が凍みて痛む場合、原因は歯の神経にあります。そして「何で」歯の神経にさわるように冷たいもの・温かいものが凍みているのかの原因を突き止めて治療することが求められます。

この症状が出る場合の原因は「虫歯」もしくは「象牙質知覚過敏症」が当てはまります。

歯が欠けてしまっていたり、見るからに黒く虫歯になっていて分かることもありますが、歯と歯の間が大きく虫歯になっていたり、以前治療を行った詰め物や銀歯の下が虫歯になっている場合はレントゲン撮影を行って確認します。

レントゲンを撮影しても歯が痛みそうな虫歯が見当たらなかったり、歯の噛み合わせなど確認して象牙質知覚過敏症の症状が出そうな場合は、そちらの処置を行います。

虫歯について詳しく見る

噛むと痛い

まとめ

噛むと痛い時は、歯の神経、歯ぐき、歯の根の周りにある歯根膜が痛みを発している可能性があります。

原因としては「虫歯」「歯周病」「歯の神経治療後の炎症」「噛み合わせによる歯への過度な負担」などが考えられます。

「噛むと痛い」という症状がある場合、ただ噛んだときだけ痛いのか、冷たいものなども凍みるし噛むと痛いのか、噛むと痛いところの歯ぐきを押しても痛いのかといった付属するような症状の確認をする必要があります。

このような症状をしっかり確認し、レントゲン検査などを行い原因を究明していきます。

何もしなくても歯が痛い

抜歯後疼痛

何もしていなくてもズキズキと歯が痛むようになると、その歯、もしくは歯ぐきが「急性炎症」を起こしているサインです。

逆に慢性的な炎症とは、長い期間ずっとじんわり痛んでいたり、治まったりを繰り返すような状態です。歯周病や根尖性歯周炎などは慢性炎症として続くことが多いですが、ふとした拍子に急性化してズキズキと痛み出すことがあります。

このような何もしなくても痛みがある場合は虫歯などが原因の「歯髄炎」か、もしくは歯周病、親知らずが原因となる「歯周炎」が原因となることが多いです。

痛みが強くなりすぎると市販の痛み止めでは効かないこともありますので、お早めに歯科医院を受診されてください。

歯髄炎について詳しく見る

について詳しく見る

親知らずについて詳しく見る

歯を白くしたい

 

歯の色は相手に対してとてもインパクトを残すものです。歯の色が白く美しいと、それだけで相手に清潔なイメージを与えます。

歯の色は色素沈着が原因となることが多いです。加齢とともにだんだんと黄色くなっていくこともありますし、嗜好品が色素沈着を起こしやすいもの(例えば、タバコ、コーヒー、ワインなど)であれば、通常よりも強く色素沈着を生じることもあります。

ホワイトニングで歯を白くしたい

前歯はあなたの見た目を決める

「歯を白くしたい」=「ホワイトニング」と考える方も多いと思います。今は歯科医院に行かなくてもホワイトニングができる時代になりました。また、ホームホワイトニングを行う際も、マウスピースがあれば薬剤をインターネットで取り寄せて行うこともできます。

歯科医院でホワイトニングを行うメリットは、ホワイトニングを行う際に術前と術後でどの程度白く変わったかを記録してくれたり、歯科医院でしか用いることができない強い効果のある薬液を用いることができるので短期間で綺麗にしたい方はオススメです。

ホワイトニングについて詳しく見る

セラミック治療で歯を白くしたい

デュアルホワイトニング

女優やモデルの歯は、最近どんどん綺麗になってきました。一昔前の写真と現在の姿を並べると一目瞭然です。それくらい歯が大切だということが日本にも浸透してきているということでしょうか。元々歯並びも良く、歯の噛み合わせも良い方は日本人の顎の大きさから言うとあまり多くはありません。小児矯正を行ったか、生まれつき恵まれた歯並びだったか。大人になってから矯正治療を行うと「金属のワイヤーが目立つ」「多額な費用がかかる」などの問題から断念される方もいます。

矯正治療までは求めないけれど、前歯だけでもキレイに白く、モデルみたいになりたい!と憧れる方はセラミックで治療することをお勧めします。

今まで行った歯科治療で銀歯の詰め物、被せ物をされた方もセラミック治療を行うことで今まで以上にキレイに、自然な歯を再現することが可能です。加えて、セラミック治療を行ったところは虫歯になりにくいという治療を行う上では最も良いメリットもあります。

ご希望の方はご相談だけでも承っております。

セラミック治療について詳しく見る

着色を落として歯を白くしたい

タバコやお茶などの色が歯についてしまうことがあります。歯の表面についた着色は表面がざらつき、汚れが溜まりやすくなり、歯石が形成され歯肉炎や歯周炎の原因になります。

このような、物理的についてしまった着色は歯の表面を磨くだけでキレイになります。

PMTC(Professional Mechanical Tooth Cleaning)といい、タバコのヤニや茶渋も落とすことができます。これを行うと歯の表面のバイオフィルムを破壊することもできるので虫歯や歯周病の予防にもつながります。

歯ぐきが気になる

歯ぐきがムズムズしたり、歯磨きを行うと出血することがあるという方は歯周病の可能性があります。

もしくは喫煙者で歯ぐきの色が黒くなってきている方は、タバコの色素が歯ぐきに浸透してしまっている状態です。

銀歯の詰め物、被せ物の周りが黒くなっている方は、その詰め物、被せ物の金属イオンが溶け出して歯ぐきを黒くしてしまっています。(メタルタトゥー)

歯周病で気になる

歯周病の進行

歯周病の方は、歯の汚れや歯石が原因で歯の周りの組織に炎症が起きてしまっている状態です。

歯ぐきがムズ痒買ったり、歯が揺れていたり、噛むと痛みがあったりと症状は様々ですが、歯周病は放っておいて治るものではありません。また、テレビのコマーシャルのように歯磨き粉だけ歯周病用のものに変えたからといって治るものでもありません。歯科医院でしっかり治療することをお勧めいたします。

歯周病について詳しく見る

歯ぐきの色が気になる

喫煙者の方の歯ぐきは黒ずんだようになります。健康な歯ぐきとの違いは歴然です。このような歯ぐきは健康には見えませんので、笑った時に歯ぐきがたくさん見える方は気になると思います。

このような方には歯ぐきの漂白をお勧めします。歯ぐきは元々ピンク色なので、黒ずんだ歯ぐきの沈着物を漂白するガムピーリングが歯ぐきの漂白です。

歯ぐきの黒いメタルタトゥーが気になる

銀歯の周りの歯ぐきが黒ずんでくることがあります。これは銀歯の成分が溶け出して歯ぐきに染み込んでしまうことで起こります。奥歯だとあまり気にならないかもしれませんが、前歯でメタルタトゥーが生じると目立ちますし気になります。

このような場合、銀歯を外してもう一度治したとしても消えることはありません。歯ぐきの黒ずんでしまったところを取り除き、歯に使用している金属をすべて取り除いてから、金属を用いずに再度治療し直す必要があります。

メタルタトゥーでお悩みの方は一度ご相談にいらしてください。

まとめ

どのような症状であっても気になることがあれば、気楽に一度ご相談ください。
どのような方法で患者様の悩みを解決できるのか、しっかりご説明いたします。