歯ブラシを選ぶ基準は何ですか?

自分に合った歯ブラシをお使いですか?

歯ブラシはドラッグストアに行くと所狭しと置いてあります。皆さんはどのような基準で歯ブラシを選んでいますか?

テレビのコマーシャルで見たものなのか、好みの柄の長さ、ブラシヘッドの大きさなのか、値段の安いものなのか。

歯ブラシを選ぶ基準はそれぞれ皆さん違うと思いますが、果たしてその選んだ歯ブラシが本当に自分の口に合っているのでしょうか?実は基本的なところではありますが、ちゃんと理解していらっしゃる方はとても少ないように思います。

自分に合った歯ブラシ選びの基本

歯ブラシのヘッドサイズは”小さめ”、ブラシの硬さは”ふつう”を選ぶのが基本です。

生えてすぐの永久歯

ヘッドサイズが大きすぎると細かいところのブラッシングには適さないため、小さめを選ぶと良いでしょう。歯ブラシの動かし方はなるべく小さく動かしたほうが良いため、一本一本磨いている感覚を感じられると思います。

ブラシの硬さは硬すぎもせず、柔らかすぎもしない”ふつう”というものが、汚れを落とす力もあり、歯ぐきを傷めたり、歯のエナメル質を削り取ってしまったりしない、調度良い硬さです。

本当に自分の口に合った歯ブラシ選び
小さな虫歯のまとめ

歯並びは皆さんそれぞれ違います。歯科矯正をされて綺麗に歯が並んでいる人もいれば、八重歯など歯列が前後している人もいます。また、歯ぐきの状態によっては歯周病が原因で腫れている人や歯ぐきが下がってしまった人もいます。

人の数だけ歯並びが違う中で、画一的にその人に合った歯ブラシが選べるということはありません。

では、ある程度自分の口に合った歯ブラシというものをご紹介しましょう。

ヘッドサイズは「小さめ」、ブラシの硬さは「ふつう」

この歯ブラシは前記したように、基本的な歯ブラシです。この歯ブラシは歯列も整っていて歯周病リスクは低め、虫歯のリスクを軽減したい、しっかり歯が残っている方向けです。

ブラシのコシもあるので汚れを取る力もあり、ヘッドサイズも小さいことから細かいところにもブラシが届きます。

ブラシの硬さは「やわらかめ」

この歯ブラシは、ブラシの毛の硬さが柔らかいので、歯の表面についた汚れをしっかり掻き取る力には劣ります。しかし、歯周病が進んで歯ぐきにブラシが触れると痛いという方や、インプラント、歯周病外科治療を受けた方で、歯ぐき周りがチクチク痛むという方はブラシの硬さは「やわらかめ」を使うといいでしょう。

歯周病の方でも歯と歯ぐきの境目に当てやすい硬さになっています。

ブラシの硬さは「硬め」

正直を申しますと、この毛の硬さの歯ブラシは使ってほしくありません。なぜなら、歯にとって不利益なことがありますし、「汚れを落とす」ということでは「ふつう」の硬さで十分だからです。

では、なぜ「硬め」の歯ブラシが売っているのか。

それはコアなファンがいるからです。

「硬め」の歯ブラシが好きな方は「磨き心地」を重視していることが多いです。「硬めの歯ブラシでないと磨いた感じがしない」ということはよく聞きます。そういう方々は歯に対してのポリシーも強いのか、歯ブラシの汚れの除去力もあってか虫歯になっている人は少ないことがあります。しかし、そのような方々に起きがちなのは、細かいところが磨けず歯周病が進んでしまっているパターンや、歯ぐきに傷を作って口内炎が酷くなるパターン、歯のエナメル質を歯ブラシが削り取ってしまい知覚過敏症で歯がしみるというパターンです。

どれも、歯や歯ぐきにとってはいいことではありません。できれば、この歯ブラシの愛好家の方は「ふつう」の硬さの歯ブラシに変えてみてください。

ヘッドサイズが「大きめ」

ヘッドサイズの大きいものは一気に磨くことができます。上下噛んだ状態で頬側から当てると上下一遍に磨くことが可能です。

しかし、そのような歯ブラシでは細かいところの歯磨きには適しません。ですので、あまりヘッドサイズが大きいものはお勧めできません。

ではどのような方にこの歯ブラシをお使いいただきたいかというと、歯ブラシを持つ手に障害を持っていたり、知的障害などで上手く歯磨きができない方にはヘッドサイズの大きいものがお勧めです。ある程度歯ブラシを歯面に当てると汚れを取れるというところがポイントです。

面倒くさがりでなかなか歯科医院が推奨するブラッシング時間10分、15分という方法が難しいという方も、上手くこのサイズのものをお使いいただくと同じ時間磨いた時で、汚れの除去率は上がると思います。

電動歯ブラシ

電動歯ブラシは近年とても進化しており、歯の表面についた汚れの除去力は格段にアップしてきています。

そして、メーカー推奨のブラッシング時間は約2分ととても短く、2分間でしっかりお口の中を綺麗に仕上げる技術が電動歯ブラシに詰まっていると言うことです。

現在では電動歯ブラシの中でも歯ブラシヘッドを好みのものであったり、歯科医院で選んでもらったりとバリエーションに富んでいます。電動歯ブラシ一つでも自分に合ったものにカスタムしていく時代となってきています。