親知らず抜歯後の注意事項

抜歯後の注意事項

抜歯後の注意事項

歯を抜いた日は、極力安静にすることが望ましいです。
受診後にお仕事など用事がない方は、お家にまっすぐ帰って安静にしてください。
そして、お家で過ごす時にも注意していただきたい点がありますのでご紹介します。

 

1.抜歯した後はガーゼを噛む

抜歯した後はガーゼを噛む

抜歯を終えると、ガーゼを噛んで出血を止めます。30分程噛むと出血はだいたい治ってきますので、ガーゼは捨てて構いません。
もし、まだ血がでる、もしくはまた血が出てきたという時は新しくキレイなガーゼかティッシュを丸めて、再度30分噛んでください。
抜歯後翌日までは血が滲む程度が正常です。
 

2.抜歯当日の禁止事項を守る

抜歯当日の禁止事項を守る

抜歯を行った日に、してはいけない3項目があります。

  1. ①長風呂
  2. ②飲酒
  3. ③激しい運動

どれも血流が良くなり、再度出血してきてしまうので、お風呂はシャワー程度にし、飲酒、激しい運動は控えてください。
 

3.強く口をゆすがない

強く口をゆすがない

口の中が血の味がしてどうしても口をゆすぎたくなってしまいますが、強くゆすがないように気をつけて下さい。
強くゆすいでしまうと固まりかけたかさぶたが取れてしまい、治りが悪くなります。
口の中が気になる時は、口に水を含んだら優しく吐き出す程度にしておいてください。
 

4.歯を磨く時の注意

歯を磨く時の注意

抜歯当日も歯を磨いて大丈夫ですが、抜歯したところの周りは優しく歯ブラシを当てるようにしてください。
 

5.刺激物を食べない

刺激物を食べない

辛いものを食べるのは傷口に刺激を与えてしまうので、控えてください。
 

6.指や舌で触らない

指や舌で触らない

指や舌で抜歯したところを触ると、感染の恐れがあるためやめましょう。
 

7.処方薬の服用

処方薬の服用

痛み止めは痛い時に、抗生物質は用法用量を守って服用しましょう。
痛み止めは痛くなってから服用しても効果に時間がかかったり、効きにくかったりしますので、抜歯した部位にいつもと違う感じが出てきたらすぐに飲むようにしてください。
抗生物質は朝、昼、夕の3回、もしくは1日1回の服用など、用法用量が種類によって異なるので、しっかり確認して服用しましょう。
もし、処方薬を服用して体調を崩したり、薬疹が出るようなら、かかりつけの歯科医院でご相談ください。
 

8.冷やしすぎない

冷やしすぎない

抜歯後、腫れや熱感を強く感じても冷やしすぎないようにしましょう。
腫れや熱感は体が患部を直そうとしているサインです。そこを急激に冷やしてしまうと、血流が悪くなり治りが遅くなります。
もし、冷やして楽になるようであれば、濡れタオルを当てる程度にしておきましょう。
 

親知らず抜歯後の注意事項のまとめ

親知らず抜歯後の注意事項のまとめ

抜歯した当日はお家でゆっくりして、早めに就寝することが早く治すための近道です。
無理せず療養に努めてください。